会社紹介 パッケージツアー プライベートツアー 医療観光 韓国の観光地 韓国について



韓国の気候
韓国には四季があり、梅雨や一年の折り返し時期には夏があり、11月から3月にかけては寒い冬となります。南海岸に位置する済州島は、韓国で一番暖かく湿度の高い場所です。韓国を訪問する一番良い時期は、9月から11月の秋です。この時期には、暖かくて日も照り、鮮やかな空と紅葉を楽しめます。冬は寒く、乾いており、ウィンタースポーツが好きな人なら、多数のスキー場で冬のスポーツを楽しむのもよいでしょう。春(4月~5月)は、桜が開花して美しい季節です。しかし、ピークシーズンでもあるので、宿泊施設を早めに予約しなければなりません。夏は蒸し暑く多くの人手が予想されます。また、季節風が吹き始め、大雨により様々な予定が変わることもあります。
四季
韓国の気候は、大陸性気候とモンスーン気候と考えられています。また、四季(春、夏、秋、冬)があるのが特徴です。



春は3月下旬から5月まで続き、暖かく穏やかな気温です。絵のように美しい桜のみならず、レンギョウ、アザレア、マグノリア、リラの花などが咲き始め、山や平野を美しく染めます。




夏は6月から9月初旬までで、暑く湿度が高いです。季節風が、6月下旬から7月下旬に吹き、年降水量の半分がこの時期に振ります。7月中旬から8月中旬までが一番暑く、韓国人が休暇を取る時期もこの頃です。




秋は9月から11月まで温暖な気候が続き、韓国を訪れる一番良い時期です。 9月から11月は、穏やかな天候が続くので、一年でもっとも楽しめる時期となっています。一日の気温の変動は激しいです。晴れ渡った青い空の下で赤や黄金に色を変える木々の紅葉は、とても美しく街並みを鮮やかにします。




冬は、12月から3月中旬までで、 空気は乾燥し、シベリア高気圧により凍てつく寒さとなります。韓国北東部はスキーをするには絶好の場所です。