会社紹介 パッケージツアー プライベートツアー 医療観光 韓国の観光地 韓国について



ハングル - 韓国の公式言語
韓国の公式言語であるハングルは、15世紀半ばに世宗大王によって作られました。もともとは、1443年に、ハングルを作り出し、訓民正音と呼ばれてていましたが、1446年に朝鮮時代の王である世宗によって完成しました。 初めは、17の子音と11の母音から成り立っていました。現在では、当初作られた子音3つと、母音1つは使われていません。総文字数は24字です。ハングルは、母音と子音の組み合わせで言葉が作られます。

ハングルと公式名称となったのは1910年で、1926年までは「訓民正音の日」は、「カギャの日」と呼ばれていました。その後、「ハングルの日」と呼ばれるようになりました。

下の表は24のハングル文字を表しています。ハングルについての手引書「訓民正音」はユネスコにも登録され、また、ハングルの創設者を称えると共に、世宗王識字賞を創設し、毎年賞を授与しています。


ハングル (ハングルは、2~4つの母音又は子音で作られます。)
子音
g, k b, p k
n s t
d, t ng, silent p
r, l j h
m ch
母音
a o yu
ya yo eu
eo u i
yeo