会社紹介 パッケージツアー プライベートツアー 医療観光 韓国の観光地 韓国について



人口
2006年の統計によると、大韓民国の人口は4902万4737人にのぼり、1平方キロメートルにつきおよそ480人が暮していることになります。北朝鮮の人口は、2005年には2400万人でした。
65歳以上の老人の数は、2005年から0.5%増え、およそ456万人となっています。この数は全人口の9.3%を占めます。

韓民族
韓民族は主に1つの民族で、言語はひとつです。異なった身体的な特徴はあるものの、中央アジアから韓半島に移住したモンゴル民族の子孫であると考えられています。7世紀には、半島にあった国は新羅王国の下で初めて統一されました(紀元前57年から西暦935年)。そのような歴史から、韓民族には、民族間問題が殆どなく、お互いに信頼関係を保つことができました。2005年末の時点で、韓国の総人口は、1平方キロメートルにつき474人の密度で、4829万4000人と推定されました。北朝鮮の人口は、2292万8,040人であると推定されます。

1960年代には、韓国の人口が年3パーセントずつ増加していました。しかし、1970年代には、人口増加率が年2パーセントにとどまりました。2005年には、人口増加率は0.44パーセントであり、2020年までに0.01パーセントまでさらに減少すると予測されています。
韓国の人口統計学による顕著な傾向は、高齢化が進んでいるということです。韓国の全人口の9.1パーセントが65歳以上であるといわれています。1999年には65才以上の人は、6.9パーセントでした。
1960年代には、高い出生率と短い寿命により、韓国の人口配布はピラミッド形をつくりました。しかし、現在では、低い出生率と長い寿命のため、釣鐘になってきています。
2020年までに65歳以上の高齢者が占める割合は、15.7パーセントになると言われている一方で、15歳以下の若者の人口は減少すると言われています。
1960年代と1970年代には、国の迅速な工業化と都市化により、大都市に住む人たちが増え、特にソウルには地方から移り住む人がかなりの数にのぼりました。しかし、近年では、多くのソウル市民が地方へ移り住み始めています。

宗教&信念



仏教
韓国で仏教が広まったのは、高句麗の小獣林王が在位していた372年です。仏教が伝来し、百済と新羅王国では強力な影響を及ぼしました。ユネスコの世界文化遺産に登録されている石窟庵と仏国寺は、新羅時代にできたものです。
仏教は、その長い歴史を通して、韓国の文化に多く影響しています。韓国の大切な仏教財産は、建築物、彫刻、絵画、工芸品など多岐に渡ります。
プロテスタント&カトリック
プロテスタントは、1882年、韓米の条約が締結された後に、韓国に伝来しました。キリスト教が朝鮮社会の基本価格に疑問を呈したので、信者は初めの頃に迫害を受けました。しかし、キリスト教徒が反植民地運動や教育機会の促進をしたため、受け入れられるようになりました。今日では韓国の教会は海外でも宣教活動をしています。韓国の人口のおよそ25%がキリスト教徒で、現在、200万人以上が教会に属しています。
儒教
儒教は、古代韓国では一般的な哲学となりました。儒教は韓国人にかなりの影響を及ぼし、道徳的、日常生活、政治にも欠かす事ができないものでした。
儒教(朝鮮王朝で重んじられていた)は、実学思想を生み、韓国の人々の意識に深く浸透し、今日でも宗廟祭礼や宗廟、成均館で行われる孔子や、弟子、中国や韓国の学者たちの祭礼である釈奠大祭など、多くの形で見られます 。
シャーマニズム
シャーマニズムは、古代からの俗信に類似していました。 原始呪術は仏教の影響を受けませんでした。韓国のシャーマニズムの際立った特徴の一つは、精霊との交流により、人間の問題が解決されると考えられていることです。今日でさえまだ広く行われる様々なシャーマニズムの形態が見られます。