会社紹介 パッケージツアー プライベートツアー 医療観光 韓国の観光地 韓国について


韓家(伝統家屋)

韓屋(伝統家屋)は、木、土、石、藁、瓦屋根を作る粘土、紙など自然に優しい素材で作られています。韓屋は2つの種類があり、貴族が住む瓦屋根の家と農民が住む藁葺き屋根の家に分けられます。特徴的な違いは、屋根にあります。貴族が住む家は瓦で覆われて高価なため一般人には手が届かないものです。農民の家は屋根が稲作でとれた藁でできています。藁葺き屋根は現在では珍しいものになりましたが、一部ではまだ使われてます。
韓屋を作るにあたり、木の柱と梁を組み合わせます。土と草でできているレンガで壁を作り、床は石と土でできています。韓紙(韓国の伝統紙)は木の窓枠とドア枠に貼られ、壁は韓紙で仕上げられます。床には、しっくいを塗った韓紙を使います。韓家にはオンドルとばれる韓国伝統の暖房システムがあります。オンドルは、床下に設置された火室と送気管を通して床全体を暖めます。韓国では床が暖まるので、ベッドや椅子を使わず、床に横たわったり座ることを好み、今日でもその傾向があります。
今日、現代の韓国では多くの人が西洋スタイルのマンションに住み、ベッドや椅子を使いますが、建物には全てオンドルが取り入れられています。人々は床に座るので、室内では靴を脱いで生活します。
韓国人の多くが、現代の皮膚病(アトピー性皮膚炎など)を患い始めました。環境にやさしい韓家がアトピー性皮膚炎だけでなく健康にも韓屋が良いと科学者が発表してからは、地方に家を建てる人たちの中で韓屋を立てる人たちが多くなりました。
韓屋にはまだ多くの韓国人が住み、韓屋の存在が保たれています。 韓屋生活体験センターは、伝統的な韓国の韓屋を体験したい人たちのために多くの地域で運営されています。 全州韓屋村では伝統文化と韓屋の体験ができ、 文化財が多く保存されている安東には河回村があり、そこは伝統的な村となっています。知禮芸術村、 水涯堂、臨淸閣、ソウルの楽古斎でも伝統的な韓屋が見られます。