会社紹介 パッケージツアー プライベートツアー 医療観光 韓国の観光地 韓国について



韓国料理は、社会的・政治的変化をしながら発展してきました。そのルーツは、古代の神話と伝説までさかのぼります。仏教と儒教の中国文化によって強く影響された料理から進化し、様々な料理に変化してきました。材料や料理は地域によって異なります。地方特有の料理が今では、韓国を代表するような料理になったものがたくさんあり、今では全国に広まり異なるスタイルを持っています。韓国の宮廷料理は王族のために、地域を代表する料理がたくさん集められて作られました。
韓国料理は、 米、麺、豆腐、野菜と肉が主になっています。伝統的な韓国料理は、ご飯とたくさんの付け合せ(パンジャン)で有名です。発酵し、香辛料の効いたキムチは欠かさず食べられます。韓国料理は通常、胡麻油、味噌、醤油、塩、ニンニク、ショウガとコチュジャンなど調味料をたっぷり含んでいます。
多種多様な料理が韓国全土にあります。韓国はかつて農業国で、韓国人は古代から主食として米を栽培しました。韓国料理は、野菜を加えた様々な肉料理と魚料理が特徴です。発酵した食物 - 例えばキムチ、塩辛と味噌 - は、独特な味と高い栄養価を含んでいます。
韓国料理の特徴は、すべての料理は同時に出されるということです。付け合わせの数は、伝統的に王族には12、下層階級では3つほどでした。テーブルセッティングは、麺料理か肉料理かによって変わります。近隣国の中国と日本と比べると、特にスープが出される時等、韓国ではスプーンが良く使われます。
代表的な韓国料理
1. ご飯とお粥
ご飯は韓国料理の中心です。大部分は粘り気のあるお米を使い、時には豆や栗、とうもろこし、大豆、大麦または他の穀類を味と栄養のために加えて炊きます。お粥は栄養価が高く消化にも良く、種類も豊富にあります。お米、赤い豆、カボチャ、アワビ、人参、松の実、野菜、鶏、キノコ、もやしなどで作られます。



2. スープ

伝統的なスープはご飯と一緒に出てきます。野菜、肉類、魚、海草、牛の骨などの材料でできています。




3. チゲ

チゲはスープと煮ていますが、スープよりもコクがあってもっと熱く、香辛料が効いていて、熱い石のボウルに入って出されます。



4. 煮物

煮物といえば「チム」と「ジョリム」があり、どちらも、野菜と調味料を入れてじっくり煮込む料理です。




5. ナムル (vegetables or wild greens)

ナムルはさっと茹でたり、揚げた野菜です。塩、醤油、ゴマの塩、ゴマ油、にんにく、玉ねぎ、その他の調味料を合わせて作ります。



6. チョッカル (塩辛)

チョッカルは、自然に発酵した魚、エビ、牡蠣、甲殻類、魚の卵や腸、その他の材料から作られるとても塩気の強い食べ物です。



7. 焼き物 Gui (broiled/barbecued dishes)

下味をつけた肉を炭火で焼きます。この中で人気のある料理は、プルコギとカルビです。同じように調理される魚料理もたくさんあります。



8. ジョン(チジミ)

ジョンは、キノコ、カボチャ、乾燥した切り身魚、カキ、熟していない赤トウガラシ、肉や他の材料をを塩と胡椒、小麦粉、卵と混ぜ合わせ、油で焼いたパンケーキのようなものです。



9. 饅頭(蒸し餃子)

饅頭は牛肉、キノコ、さっと炒めたズッキーニ、緑豆もやしなどが入っています。牛肉の代わりに豚肉、鶏肉又は魚が使われることもあります。