会社紹介 パッケージツアー プライベートツアー 医療観光 韓国の観光地 韓国について





ソンピョン / トックッ / トック/ パッピンス / チャプチェ / 冷麺 / あずき粥


ソンピョン ソンピョンはもち米から作られる伝統的な韓国の食物で、韓国の祝日である秋夕の際にも食べられる小さなお餅です。ソンピョンは韓国の伝統文化を代表する食べ物でもあり、半月の形をしていて、ゴマや栗などで作った餡を包んでいます。松の葉と一緒に蒸されているのでさわやかな松の香りも楽しめます。秋夕やその他のおめでたい日に食べられます。 Top 


トックッ トックッは韓国のお正月に食べられ、スライスしたお餅が入っているスープです。トックッを食べると新年の幸運を運んでくれると信じられており、また長生きするという意味もこめられているので 新年にトックッを食べることは韓国の伝統です。卵や肉、饅頭やその他調味料を加えて作ります。 Top 



トック トック(餅)はもち米やうるち米で作った甘いお餅を蒸して作ります。普通の小麦粉が使われることもあります。お餅の種類は何百とあり、トックッ(お餅のスープ)は、元日に食べられ、甘いお餅は結婚式や誕生日に食べられます。トックはおめでたい時に食べられるものと考えられており、家庭料理で使われる味のないお餅から、ナッツや果物が使われた物まで幅広いバリエーションがあります。お餅を作る際に良く使われる材料は、小豆やヨモギ、ナツメや乾燥した果物、ゴマや油、砂糖、松の実などがあります。Top 


パッピンス oパッピンスは韓国で人気のデザートで、特に蒸し暑い夏に良く食べられます。始めは甘いあずきのかき氷が屋台で販売されていましたが、今では凝った夏のデザートになりました。アイスクリームやフローズンヨーグルト、練乳、果物のシロップ、苺やキウイ、バナナ等の果物や小さなお餅、コーンフレークなどが入っています。
夏にはファストフード店でも売られる夏の定番メニューです。ケンタッキー、マクドナルド、ロッテリア、バーガーキング等では5月から9月にかけて販売されています。ピンクベリーやレッド・マンゴー(アイスクリーム・ヨーグルト専門店)では、一年中売られています。Top
  


チャプチェ (チャプチェは唐麺(タンミョン)と呼ばれる麺と、細切りにした牛肉、胡麻油で炒めた野菜(人参、玉ねぎ、ほうれん草、茸など)から作られる料理で、醤油や砂糖で味付けし、ゴマや唐辛子が添えられています。熱くても冷たくても美味しく食べることができ、季節の野菜を加えて作ったり、おめでたい時にも食べられます。メイン料理として食べられることもありますが、基本的にはサイドディッシュのおかずとして食べます。また、ご飯の上にチャプチェを載せたチャプチェパプも人気です。Top  


冷麺 冷麺(ネンミョン)文字通り、「冷たい麺」で、元々は現在の北朝鮮である韓半島北部で冬に食べられた料理でしたが、今では韓国でも夏にも食べられる人気の料理となりました。葛や蕎麦から作った手打ちの細い麺に、冷たいスープ、千切りにした生野菜や梨、ゆで卵や冷たい牛肉が入っています。マスタードや酢を食べる前に加えます。Top  


あずき粥 小豆粥は冬に良く食べられます。12月22日の冬至には、韓国では団子を入れた小豆粥を食べます。韓国の伝統において、小豆粥には厄払いをする不思議な力があると言われています。小豆粥を作ったり食べたりすることは、不運や病気を防ぐといわれ、食べる前には台所、倉庫、玄関、庭などに撒いてました。このような習慣は中国の神話からきていると伝えられています。
荊楚歲時記によると、ある一人の男がいました。彼には息子がいましたが亡くなってしまい、疫病の神になりました。その神はとても冷酷だった為、多くの人が疫病によって亡くなってしまったので、人々はこの伝染を防ごうと解決策を探していました。そうした中、亡くなった息子が生前、小豆粥が嫌いだったことを思い出し、それから人々は小豆でスープをつくり家中に撒き始めたところ、蔓延していた疫病がなくなりました。
大量の収穫を願って小豆粥を食べることもあります。韓国は昔、農業国家だったので豊作が常に大きな問題でした。韓国人は、小豆粥に自分と同じ歳の数だけ小さな団子を入れて 冬至に食べます。
韓国ではご飯とおかずが食べられますが、穀物が不足する冬には、小豆粥が主食となりました。この小豆粥は、小豆、水、少量の米で作られ、おかずは必要ではないので、穀物を大事にする経済的な食べ物でもあります。Top