会社紹介 パッケージツアー プライベートツアー 医療観光 韓国の観光地 韓国について



 

ソウル地下鉄 タクシー 高速バス&列車

ソウルの地下鉄
ソウルの地下鉄は毎日800万人以上が利用する世界でももっとも使用頻度が高い交通手段の一つです。地下鉄はソウル、仁川、京畿道、 忠淸北道にまで渡り、仁川一号線にもつながっています。又、金浦空港駅からは仁川空港鉄道にも連結しています(乗り換えは有料)。70%以上が地下を走っています。
地下鉄の標識は全て英語と韓国語で書かれているので、外国人の旅行者にも分かりやくなっています。また車内での乗り換え、到着駅、出口などのアナウンスも英語と韓国で行われます。緑の地下鉄2号線は、二本に分かれているので、乗客は電車を降りて別の電車に乗り換えるようにアナウンスがあることもあります。この場合、アナウンスが韓国語だけとなるので注意が必要です。駅名や地図によっては漢字で書かれているものあります。

地下鉄の乗り方
地下鉄路線図は、チケット売り場の上にあります。殆どの路線図は英語と韓国語で書かれてます。駅名の隣にある数字が料金です。チケット売り場の駅員に目的地を告げればチケットを出してくれます。チケット売り場には無料の地下鉄路線図がありますが、場所によっては置いてないこともあります。地下鉄料金は、下記の通りとなっています。(切符の購入はウォンでのみ可能です。)

ソウル地下鉄料金(2008)

12kmまで
大人(19歳以上)
13-18 歳
7-12 歳
T-money(交通カード)
900 ウォン
720 ウォン
450 ウォン
現金
1,000 ウォン
1,000 ウォン
450 ウォン

- 6歳以下の子供は無料
- 移動距離が10キロを超えると、5キロごとに100ウォン追加、
- 移動距離が40キロを超えると、10キロごとに100ウォン追加
- ソウル郊外に行く場合には、5キロ超過ごとに100ウォン追加、移動距離が35キロを超えれば10キロごとに100ウォン追加


地下鉄で見る標識
(1) 出口



(2) 乗り換え場所
地下鉄は色分けされて見分けがつきやすくなっています。もし、地下鉄7号線に乗り換えするなら、深緑色の線に沿って進めば7号線の地下鉄乗り場に尽きます。矢印に沿って行けば、簡単に移動ができます。



(3) 地下鉄の色分け


(4) 駅周辺の地図は地下鉄駅内にあります。出口の番号は黄色い丸で囲まれていて、赤い円は、現在の居場所を示しています。地図はたいてい、階段近くにあります。